髪質改善トリートメントって・・・ヤバない?(酸、熱)


先日お客さんとこんな会話をしました・・・。




お客さん「なんか、ストレートパーマじゃないんだけど、髪質を改善するようなトリートメントがあるらしいね~」




J(僕)「あー、そんなんちょこちょこ出てきてますねー」




お客さん「やってみたいんだけど、導入せんの??」




J「あー、ウチは導入しませんねー」




お客さん「なんで!!??」




J「いや、地雷臭しかしませんもん!!(笑」









みなさん!僕があれだけさんざん言ってきたのに、まだ新しいものに飛びつくんですか??




特に美容関係のものは、まず疑えって言ってるじゃないですか!!




美容関係って、女性はお金払っちゃうから、一発当てたら一攫千金なんです。




だから新成分、新理論なんか発見しちゃうと、他メーカーに先を越されないように見切り発車で発売発表しちゃう。




で、女性は夢のような新成分が大好きなので、飛びつく。




でもちょっと待って!!
まず一旦落ち着いて熟考してみましょう。




ジカルボン酸、グリオキシル酸、熱処理、架橋、タンパク質の変成・・・
それ本当にリスクはないんですか?
薬だって強い効果があるものほど、副作用があるもんです。




だってトリートメントで髪質が変わるんですよ!!
強い酸と、高温で髪質を変えるんですよ?
そもそもそれ、トリートメントって言っちゃっていいの??




もちろん本当の意味で髪が”治る”わけじゃありません。そこらへんのサロントリートメントと一緒で、治ったようにみせてるだけ。




みなさん、もっと疑問をもって、考えて、調べてみてください!!




そのトリートメントは長い期間続けることはできるのか?
そのトリートメントした髪に、パーマやカラーは施術できるのか??
表面上治ったように見せてるだけで、実は中はより傷んだりしてないか???




短時間でパっと治る、夢のような新成分なんてありませんよ。





メーカーさんや、他サロンさんの批判みたいになってもいけないので、具体的なことはあえて書きません。




でも!これだけは!!言いたい!!!!

「”未必の故意”的なウソはやめようよ!!」









ネットで酸熱系のトリートメントの記事をいくつか読んだけど、どれも・・・

ビフォー!こんなパサパサうねうねの髪が・・・

アフター!!こんなツヤツヤストレートの髪に”修復”されました!!

・・・・・「アイロンで仕上げました。とは書かないでおこう」(小声)
・・・・・「仕上げに艶出しスプレーふりましたとは書かないでおこう」(小声)
・・・・・「アフターの写真だけフラッシュ焚いたとは書かないでおこう」(小声)
・・・・・繰り返しはできないけど、そこはあえてかかなくてもいいか…。
・・・・・自然なツヤではない、ギラギラ感でるけど、そこはあえてかかなくてもいいか…。
・・・・・パーマやカラーできなくなるかもだけど、そこもあえて書かなくてもいいか…。






どうしてもこの技術が必要なお客さんも、きっと大勢います!
ちゃんとリスクも説明して、お互いが納得したうえで、施術してキレイになれれば最高なんじゃないかな?って思うのです。




話が散らかっちゃったけど・・・今日はこのへんで。












































Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。