【告白】を読んだよー!!



みなさん!読んだ後に嫌~な気持ちになる本ってどう思います?




「そんな本絶対よまない!!」って思った人、僕もそのひとりでした。
この本に出会うまでは・・・・・







【告白】湊かなえ

内容紹介

デビュー作でありながら、「週刊文春ミステリーベスト10」1位、本屋大賞1位を受賞したベストセラーの文庫化。6月5日には中島哲也監督作品として、全国東宝系でロードショー決定!

内容(「BOOK」データベースより)

「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。衝撃的なラストを巡り物議を醸した、デビュー作にして、第6回本屋大賞受賞のベストセラーが遂に文庫化!“特別収録”中島哲也監督インタビュー『「告白」映画化によせて』。






この本を読んだひとの多くは、きっと嫌な気分になります・・・。




不快です。




人の醜い部分を情け容赦なくバッサリ書ききってます。




もうそれは、一周回って妙な爽快感さえ感じさせます。おみごとです。




倫理的にとか、道徳的にとか、そんなものを颯爽と飛び越え、人の鬱々とした部分をダイレクトに書ききった。かなえさんブラボー!!




万人におすすめ!!・・・とは言いにくい問題作ですが、おもしろいのは事実。




あとはこの作品を手にとる勇気だけです。




その判断はみなさんにおまかせします・・・・・・・・













Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。