【変態美容師が斬る!】68点!アンドハニーダメージリペアシャンプー実際使っての口コミレビュー&成分解析

【2.000円以下の神シャンプー】
この記事を書いた人

美容暦25年の現役美容師
エイジングケアに特化したヘアサロン【Jamie】オーナー

nagasaka ryuujiをフォローする

この記事で分かること

・アンドハニー(ダメージリペア)シャンプーはこんな人に向いている

・成分を全力解析

・実際使ってみた、レビュー

・まとめ










結論:アンドハニー(ダメージリペア)はこんなシャンプー

 

コスパ  △ この価格ならもっとオススメのものがあるぞ!(無印とか、アロマキフィとか…)
乾燥肌  △ 洗浄成分がわりと強い
オイリー肌

 ◯ 安全性が高く脱脂力のある成分を配合

ダメージ毛   補修成分は豪華
乾燥毛  ◯ 保湿成分も良いものを配合してるぞ
エイジング毛  △ オレフィンスルホン酸が2番目に書かれてるのがどーしても嫌だ




解析の前にどーしても言わせてくれ!!



解析の前にどーしても言いたいことがある。

「早く解析&レビュー見せろ」って方は飛ばしてくれよな。

まずはこれを見てくれ

【製品の90%以上が保湿補修成分】と書いてあるよな。

そんなわけないだろ!

シャンプーの60~80%は水、20~30%が洗浄成分だ。

90%以上保湿成分なんてありえない!ってよーくみると、下の方に小さく「基剤(洗浄成分)を除く、水を含む」と書いてある。

要は、洗浄成分を除いて、水も含めて90%以上ということだ。

訳が分からん!

こんなん絶対勘違いするやん!

情弱が勝手に勘違いしてくれたらラッキー的な?

美容業界はこんなんばっかりだ!せっかく良い商品作ってるんだから正々堂々勝負しろよ~って思っちゃうな。

熱くなりすぎました…



成分を全力解析

全力解析!・・・の前に、いつものくど~い説明からな。

当ブログの読者はサラ~っと読み飛ばしてくれよな。

まず大前提として、シャンプーの「命」は洗浄成分なんだ

シャンプーは6~8割が水。2~3割が洗浄成分(界面活性剤)。あと補修・保湿などのオマケ成分だな。

この2~3割を占める洗浄成分に安価で強いものを使っていたら、どんなに素晴らしい補修・保湿成分を配合していたとしても、なんの意味もない。

毎日のシャンプーで皮脂も潤いも過剰に奪われ、どんどんダメージを負うことになるぞ。

オタク美容師としては、ちょっと高価になってしまうが、アミノ酸系の洗浄成分を強くおすすめするぞ。

ちなみに成分表は、配合量の多い順に書かれているぞ





アンドハニー(ダメージリペア)シャンプーの成分はこんな感じだな。




水、ラウラミドプロピルベタイン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、グリセリン、コカミドメチルMEA、ラウロイルメチルアラニンNa、ハチミツ、ハチミツエキス、加水分解ハチミツタンパク、アルガニアスピノサ核油、シア脂グリセレス-8エステルズ、加水分解コラーゲンPGプロピルメチルシランジオール、ケラチン(羊毛)、リンゴ酸ジイソステアリル、ポリクオタニウム-61、ローヤルゼリーエキス、プロポリスエキス、セレブロシド、ローヤルゼリー、カルボキシメチルヒアルロン酸Na、ザイモモナス培養エキス、ヨーロッパキイチゴ種子油、ポリクオタニウム-47、PPG-7、EDTA-2Na、ヤシ油アルキルグルコシド、ポリクオタニウム-10、塩化Na、キサンタンガム、メントール、水酸化K、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、エタノール、安息香酸Na、黄4、赤227、紫401、クエン酸、BG、フェノキシエタノール、香料

黄色い所が洗浄成分だな。

結論から言うと、2番目にオレフィンスルホン酸がきてる時点で、ちょっと脱脂力が強いかな~ってのはある。

⇒洗浄成分を詳しく知りたい方はコチラな





洗浄成分メイン ラウラミドプロピルベタイン


アミドベタイン系の両性イオン界面活性剤だな。

洗浄力は普通くらい。

いろんなシャンプーに配合されている、ごくごく一般的な成分だ。

アミノ酸系ほどのコンディショニング効果はないものの、皮膚刺激の少ない安全な成分ではあるぞ。





洗浄成分サブ オレフィン(C14-16)スルホン酸Na



最近あの悪名高い「ラウレス硫酸」の代わりによく使われてる成分だな。

「ラウレス硫酸」に比べたら安全性は高くなっているものの、脱脂力は「ラウレス硫酸」と同程度あり非常に洗浄力が強い。

「アミノ酸系シャンプーは洗浄力が弱すぎるんだよ!」って人にはアリかもね…(俺は買わないけどね)

⇒一生使い続けたいアミノ酸系シャンプーはこちら









洗浄成分サブ ココイルメチルタウリンNa


これはアミノ酸系の良い成分。

アミノ酸系ではあるんだが、そこそこ洗浄力がある。

皮膚刺激も少ない、バランスの良い洗浄成分だな。







洗浄成分まとめ


う~~ん…

全体的に「強い」よね。

オイリーでさっぱり洗いたい人にはいいかもしれないが、毎日使うものと考えるともう少しマイルドな洗浄成分のものを選びたいな。

ハイダメージ毛、乾燥肌、エイジング毛の人なんかは避けた方がいいかもしれないな。







保湿・補修成分はけっこう優秀

 

 

洗浄成分はちょっと強かったな…

しかしこのアンドハニーリペアシャンプー、「リペア」と名乗るだけあって保湿・補修成分はなかなか優秀なのだ。

どんな成分なのか解説していくぞ。




補修成分 加水分解コラーゲンPGプロピルメチルシランジオール



これが目玉の成分だと思われる。

傷んだ部分に選択的に吸着して、毛髪を補修するんだ。

またこの成分の凄いところは、ドライヤーやアイロンの熱によって強固な皮膜を作るところにあるんだ。

もろくなった毛髪の強度を回復させ、しっとりしなやかな質感になるぞ。





 

ポリクオタニウム-61(リピジュア)



きたー!!

おれの愛する成分「リピジュア!

あの「ヒアルロン酸」の2倍以上の保湿力があるといわれているスーパーな成分なんだな。

しかも持続力まであるっていうんだから驚きだよな。

まさに神成分だな!


リピジュアとは?

もともとは、人工臓器の表面処理剤として開発された「生体適合性」を特徴としたポリマー素材です。

日油株式会社




⇒【1000円以下(税抜)】コスパ最強のリピジュア配合エイジングシャンプーはこちら

保湿成分 カルボキシメチルヒアルロン酸(ヒアロキャッチ)

おおー!これも実績ある凄い成分だ。

なんとあのヒアルロン酸の3倍近くの保湿力があるといわれているぞ。

あのマヨネーズで有名な「キューピー」さんが報告した成分だな。



「ヒアロキャッチ」はこれまでのヒアルロン酸よりも、編目中の隙間が増え、より多くの水分を取り込めます。

キューピーより引用







実際使ってみた レビュー

シャンプーなんてもんは、成分だけ見て「こんなシャンプーだろうな」って想像しても、実際使ってみるとガラっと印象が変わるもんだ。

ってことで実際使ってみたぞ。





レビュー1 香りは?



その名のとおりハチミツっぽい香りだな。

けっこう強い甘いかおりだぞ。

メンズや、香りが残るのが嫌だって方には向かないな。





レビュー2 泡立ちは?



泡立ちはめっちゃ良いぞ。

界面活性剤が「ベタイン系」と「オレフィンスルホン酸」だから当然だな。

泡立ちの善し悪しなんて、品質にはなんも関係ないからな。

逆に安いシャンプーほど泡立ちは良かったりするしな(笑)





レビュー3 肝心の使用感は?



これがね~正直びっくりしたんだが、使用感は良いんだよ。

スルホン酸を配合してる割にはすごく手触り良かったな。

他のアンドハニーは、キシむような感触があるんだが、この「EXリペア」はそれがなかった。

スルホン酸の配合量が少ないのかもしれないな。

やっぱりシャンプーは実際使ってみないと分からないもんだな。


まとめ アンドハニーシリーズでは「EXリペア」が一番良い!

・「90%以上が保湿補修成分」と書かれているのは、消費者の勘違いを誘う悪質なキャッチコピー

・洗浄成分はちょっと強い(オイリー肌・さっぱり洗いたい人には◯)

・保湿・補修成分はかなり豪華

・洗浄成分が強い割に、使用感は悪くない。(長期間使用ではどうかな…?)

・アンドハニーシリーズでは、この「EXリペア」が一番おすすめ!











タイトルとURLをコピーしました